STANDARDではない。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんかもう三日目にしてめんどくさくなってきたな…w


「シンセサイザーってなんやねん」って前回書きましたが、シンセサイザーのこと書こうとしたんじゃなくて、シーケンサーについて書こうとしてたんでしたわ。


で、どうせだからシンセとシーケンサーって何が違うの?ってのを書きます。簡単に。


まず、シンセサイザーっていうのはsynthesizeするもの、シンセサイズとは合成するってことなので、合成するものってことですね。



音の電子合成装置です。電子、電気的に合成してるんです。
シンセサイザーっていうと、YAHAMAのキーボードなんかを想像するんですが、あれは、キーボード部分と、音合成部分(シンセサイザー)がくっついてるんです。

まあ、実は別物なんですが(シンセギターってのがあるくらいだから)違いは安いCASIOなんかのおもちゃみたいなのはキーボードで、プロが使ってる高そうなのが、シンセみたいな感じがしますが、別にどっちでもいいですね。


あと、YAMAHAね。
なんか、検索したら結構みんなYAHAMAって書いてあるのね。やはま。


それはいいとして、そのシンセと、キーボードにシーケンサー機能、更にDAW機能が着いたのがいわゆるオールインワンシンセ(全てが一つのシンセの中に)ってやつです。


じゃあ、シーケンサーって何ぞやってことで、次回へ。

スポンサーサイト
TIMですが、これはまあ、最近の解釈では、

MIDIオーディオファイルの組み合わせといってもいいでしょう。


で、MIDIとオーディオファイルってなんやねんってことで、今回はMIDIについてちょっとだけ話します。


MIDIとは、まあ言わば音楽界のエスペラント語みたいなもんですね。
一時期世界をすべて一言語で共通にしようとしたけど、少数の知識人のみが会得しただけで終焉へと向かっていくという…


で、MIDI用のキーボード(最近じゃほとんどのにMIDI端子がついてるけど)と、シンセサイザーってのにつないで、そのシンセに繋いだ、スピーカーから音がでるっていう仕組みなんですが、


シンセサイザーってなんじゃそりゃってことで、もう今日書くの疲れたんで、次回はシーケンサーについて書きます。


さ、花札でもやりますかね。
前にHP持ってたんですが、更新がめんどくさいし、どうせ日記サイトだしってことで、blog始めました。

で、テーマはDTM
Dream Theater Music 略ですね。

…違いますね。(別に違かないか)

DTMとはDesk Top Musicのことで、まあ、想像つきますが、パソパソで音楽っちゃいましょうか、って奴ですね。

似てるどころの名前でいくとDCT!
Dreams Come Trueのことですがなぜか「D」と「T」があるとDream Theaterを思い出してしまう俺は立派なDT信仰者かもしれません。

でも、別にメタルっつーかはDTしか聞かないけど…

そういえば、音楽就職サイトに「ジングル経験者です」とかの書き込みがあって、「おいおいジングルベル経験者って全然ウリになんねーじゃんw」とか思ってましたが、どうやら、ニュースステーションのCMとかに移る時に流れる短いテーマみたいな短い曲っていうか、みたいなやつらしいです。
勉強になりますね。

ってことで、DTMについてのうのうと始めてきますかね。
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 UNSTANDARDS all rights reserved.
RECENT ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
RSS
PROFILE

Author:虫男(ムシオ)
・愛読書 : ドロドロコミック

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。